つみたてNISA

資産運用

【投資信託】つみたてNISAで買い付ける投信に迷った時は、コレを買えば問題なし!

日本でも円安が続き、物価が上がってきています。預金の状態で現金を置いておくと、お金の価値が目減りしてしまいます…対策の一つに「少しだけ投資をする」があります。 投資をはじめる場合は「つみたてNISA」という制度・言葉を知りますが、何...
資産運用

【比較】つみたてNISAvsジュニアNISAどちらがよい?-投資プランあり-

ジュニアNISAは2023年に廃止されることで、2024年以降はいつでも引き出せるようになりました!自由度が高まり、ジュニアNISA口座の開設が急増しています。そんな中で迷うのが、つみたてNISAをすべきかジュニアNISAをするべきかです。この2つを比べます。
資産運用

【オススメ証券】LINE証券はお手軽さNO.1!-つみたてNISAをスタート‐

LINE証券が「つみたてNISA」をはじめました!数多い証券会社の中で、LINE証券の特色はなんでしょうか?「お手軽さと気軽さ」です。一般的につみたてNISAの銘柄は200ありますが、LINE証券は9本に絞っています。王道のファンドなので、その中から選べば問題なし!
資産運用

【投資ワザ】一般NISA→新NISA→つみたてNISAで非課税枠拡大!

AERAの11月号でNISAで非課税枠を最大化するワザが紹介されていました。私は以前から、そのワザを使った計画でいましたが世の中に広く知られるようになりました。今回はNISA制度の確認と、非課税枠を最大化するプランを紹介します。
資産運用

続報!ジュニアNISAが急激に口座数を増やしています!

2023年末に新規口座が廃止されるジュニアNISAですが、今人気を集めています。2024年以降はいつでも引き出せるようになり、非課税の扱いが受けられます。それまでは子供が18歳になるまで引き出せませんでしたが、大きなデメリットがなくなりました。
資産運用

つみたてNISAで選ぶべき投資信託は?投資タイプ別に分析

つみたてNISAは国の基準に合ったものから選びます。約170本以上の投資信託の中から選びますが、数が多すぎて投資初心者の方には難しいです。つみたてNISAは初心者の方におすすめなので、今回は自分の投資への考え方に合った投資信託をおすすめのものを書きます。
資産運用

NISAとつみたてNISA、どちらを選ぶべき?

NISAを聞いたことがあるけど、具体的には良く分からない。でも運用を考えている人に必ず知っておいてほしい制度です。なぜなら投資で得た利益に税金がかからないからです。税率は約20%ととても大きいですが、これが非課税になります。この制度を使わない手はありません。