NISA

資産運用

【オススメ証券】LINE証券はお手軽さNO.1!-つみたてNISAをスタート‐

LINE証券が「つみたてNISA」をはじめました!数多い証券会社の中で、LINE証券の特色はなんでしょうか?「お手軽さと気軽さ」です。一般的につみたてNISAの銘柄は200ありますが、LINE証券は9本に絞っています。王道のファンドなので、その中から選べば問題なし!
資産運用

【投資ワザ】一般NISA→新NISA→つみたてNISAで非課税枠拡大!

AERAの11月号でNISAで非課税枠を最大化するワザが紹介されていました。私は以前から、そのワザを使った計画でいましたが世の中に広く知られるようになりました。今回はNISA制度の確認と、非課税枠を最大化するプランを紹介します。
資産運用

【早わかり】NISAとはどんな制度?どんなメリットがある?

衆議院選挙で話題に上がったのが、「NISAへの課税」です。少額投資非課税制度に課税をするのでしょうか?今回は、投資をする上で必ず知っておきたいNISAについて書きます。一般NISAとつみたてNISAの違いや、iDeCoとの比較を行います。
資産運用

【レビュー】『NISAで利回り5%を稼ぐ 高配当投資術 なぜバフェットは日本株を買うのか』

米国株投資が過熱している中で、「高配当投資術 バフェットはなぜ日本株を買うのか」を目にしました。米国株好きのバフェットがなぜ日本株を買うのか気になりました。それは日本株は割安株、バリュー株だからです。今回は、日本株投資でバリュー株に投資をしながら高配当を受け取る方法について書きます。
資産運用

マネックス証券は単元未満株の買付手数料を無料に!ネオモバはどう反撃するか!?

マネックス証券よりビッグニュースです!単元未満株の買付手数料が無料になりました。日本株は100株単位なので買付の資金が膨らんでいましたが、これからは無料で1株から買付ることができます。今まではSBIネオモバイル証券が強かったですが、マネックス証券が追い抜きました!ネオモバとの比較もします。
資産運用

2024年からはじまる新・NISAの主な変更点はなにか?

2024年からNISA制度が変更されます。年間投資枠が増やされ、2階建ての制度に変わります。現行の制度の比較をしながら、新NISAではどのようなメリットがあるのか紹介します。中でも、つみたてNISAへのロールオーバーは効果抜群です。長期投資が可能になります。
資産運用

NISAとつみたてNISA、どちらを選ぶべき?

NISAを聞いたことがあるけど、具体的には良く分からない。でも運用を考えている人に必ず知っておいてほしい制度です。なぜなら投資で得た利益に税金がかからないからです。税率は約20%ととても大きいですが、これが非課税になります。この制度を使わない手はありません。