トカネオ

資産運用

【インド株】Nifty50に連動したインデックスファンドは何がいい?楽天か?大和か?

世界でもっとも勢いがある国はインドです!人口は中国を抜き世界で1位となり、英語や数学の教育がさかんであり成長性が見込まれる国です。 巨大テックのCEOなどはインド出身の方が多く、投資先としての期待値が高いインド。今回はインドの代表的な株価指...
資産運用

【集中投資】日興からS&P500トップ10ファンドが登場!個別株を買う方がお得?

投資家の「あったらいいな」を叶える、日興アセットマネジメントの「Tracersシリーズ」に新しいファンドが加わりました。S&P500の上位10銘柄に投資をする、Tracers S&P500トップ10インデックス(米国株式)です。 S&P50...
資産運用

【注目株!】NFより日経半導体株指数連動ETFが上場!日本の半導体株は米国をしのぐ!?

2024年6月4日に野村アセットマネジメントより、NEXT FUNDS日経半導体株指数連動型ETFが新規設定されます。日本株や米国株などの株高を支えているのは、半導体関連をはじめとするハイテク銘柄です。 日経半導体株指数は、今年の3月から公...
資産運用

【新NISA】投資信託や株式は売ったらアカン!「すぐ売る」のは負けの王道パターン

「損切り民」なるワードがXなどのSNSで続出しています。新NISAで投資をはじめた方が、最近の株価の変動で(-2%~+5%ほど)驚き、投資信託や個別株を売却していますケースが多いようです。 その時点で「投資の基本」や新NISAが意図している...
資産運用

【初心者向け】つみたて王子のアクティブファンドが低コストで設定される!日本と世界ファンド!

「つみたて王子」のニックネームを持つ、中野晴啓さんが運用会社を立ち上げ新規で2本のファンドを設定します。 セゾン投信で直販型投資信託を確立し、国内で「資産形成は投資信託で」というイメージを浸透させました。 関連記事:【朗報・投信】楽天プラス...
資産運用

【株式・ETF】特定口座に入っている株式は貸株を利用して金利を受け取ろう!利点と注意点

世界的な株高を受けて、日本株や米国株、ETFを持っている人は日本でも増えています!持っている株式を証券会社に貸せるのを知っていますか? もちろん貸しているのだから、金利を受け取ることができます。国内株は金利0.1%~と、金利も高いです。 関...
資産運用

【クレカ積立】ネット証券とクレカの組み合わせで一番お得なのは?新NISAとクレカ投資が最強

クレジットカードを使って毎月、投資信託を買付するとポイントが貯まります。証券会社とクレジットカードの組み合わせを合わせる必要がありますが、0.5%~と高還元です! 投資信託を買うだけで利回りが0.5%以上上がるので、新NISAはクレカ積立を...
資産運用

【新規設定】一歩先行くUSテック・トップ20がスタート!NASDAQ100よりリターンを狙う

大和アセットマネジメントは米国ハイテク銘柄に投資する、「一歩先行く US テック・トップ20インデックス」の設定を行いました。ハイテク銘柄20に集中投資するファンドで、NASDAQ100より高いリターンが魅力です! 当ファンドが購入できるの...
資産運用

【高配当!】利回り6%超のSBI欧州高配当株式(年4回決算型)ファンドはどうして人気?

SBI欧州高配当株式(分配)ファンド(年4回決算型)は2024年2月28日に設定がはじまり、純資産は早くも60億円を超えました。この高配当ファンドの特色は何といっても、想定利回り6.6%!高配当と言えば、日本株や米国株が思い浮かべますがSB...
資産運用

【投信選び】年〇回決算型や隔月決算型はあり?分配タイプの投信に向いている人・不向きな人

2024年に入って新NISAがスタートしており、CMや本屋で投資に関係するものが増えてきました。NISA口座を開設して、オルカンやS&P500などのインデックスファンドを買えば誰でも資産形成ができる!と金融リテラシーの高まりを感じます。 で...