トカネオ

資産運用

【投資の注意】下落局面や弱気相場でコレをやると損します!~高いリターンを出すために~

日本以外ではインフレを退治するために、政策金利が上がっています。アメリカでは金利が一度に0.75%も上がっており、株式市場や日常生活に大きな影響を与えています。 投資の世界では「金利が上がると株価が下がる」と言われています。株価指数...
資産運用

【証券会社】ネオモバがSBI証券に経営統合!2023年3月から新SBI証券!今後のサービスは?

SBIネオモバイル証券は2023年3月13日をめどに、SBI証券と経営統合します。国内株の単元は100株ですが、1株から定期自動買付ができるサービスを展開し投資家のすそ野を広げました! 同グループにある、SBI証券に吸収される形で経...
資産運用

【投資入門】投資信託を銀行や郵便局で、買ってはいけない理由ーリターンを求めるならネット証券ー

投資を始める方で、投資信託や債券などを検討する人が多いでしょう。私も月3万円を投資信託の積立でスタートさせ、現在に至っています。 でも、投資信託は銀行や郵便局の窓口で買ってはいけません!同じ内容の投資信託(ファンド)でも、買ったとこ...
資産運用

【インフレ対策】少しの「投資」が家計を助ける!物価上昇していく日本で困らないために

円安やウクライナの戦況、流通の遅滞などを受けて日本では物価が上昇しています。アメリカの年利9%上昇にくらべ、日本では2%後半の上昇と比較的穏やかですが、今後も物価は上がる見込みです。 インフレ対策の1つに「投資」があります。物価上昇...
資産運用

【投資信託】つみたてNISAで買い付ける投信に迷った時は、コレを買えば問題なし!

日本でも円安が続き、物価が上がってきています。預金の状態で現金を置いておくと、お金の価値が目減りしてしまいます…対策の一つに「少しだけ投資をする」があります。 投資をはじめる場合は「つみたてNISA」という制度・言葉を知りますが、何...
資産運用

【投資信託】あおぞら投信の「ぜんぞう」シリーズは超安定運用?5年でプラス15%

「5年でプラス15%のリターンを目指す投信、いい商品ですか?」 職場での会話で出てきた投資信託(アクティブファンド)。海外株式と先進国債券を組み合わせ、運用益がプラス15%になると、100%債券に切り替わる「安定重視バランスファンド...
資産運用

【債券投資】「新発社債」で安定的に、高利回りの利子を受け取ろうー投資初心者にもピッタリ

銀行預金の利率は0.001%、個人向け国債(10年変動)は0.17%程度とあまり利率は高くありません。もう少し高い利率で、安全に運用できないか? そう考えている方には「債券投資」がおすすめです。中でも会社が、発行した時から満期まで社...
資産運用

【ETF】米国ETFを買うべきか?東証ETFを買うべきか?ETFを選ぶ基準を大公開

全世界に投資するのは米国ETFのVTだけじゃない!東証ETFにも同じのようなETFがあります。S&P500に連動するETFもあり、VOOやIVV以外にも選択肢があります。では、米国ETFと東証ETFどちらを選べばいいのか?そんな問いに答えます。
資産運用

【債券投資】公債よりも社債の方が高利回りで、満期が短いのでおすすめ!ー特色と注意点ー

国債は利回りが低いし、株式はリスクが高い…それなら「社債」はどうですか?満期まで持てば、満額返還され高利回りです!株式や国債と違った注意が必要ですが、リスクがあまり取れない方におすすめ!
資産運用

【クレカ積立】SBI証券で投信を買付できるクレカはこれだ!比較と特色

クレジットカードで投資信託を買うのは、証券会社との組み合わせが大切!多くのクレカと対応しているのは「SBI証券」です。今回はSBI証券とどのクレカが対応しているのか解説していきます。もちろん、おすすめの組み合わせは…