楽天証券

資産運用

【株式・ETF】特定口座に入っている株式は貸株を利用して金利を受け取ろう!利点と注意点

世界的な株高を受けて、日本株や米国株、ETFを持っている人は日本でも増えています!持っている株式を証券会社に貸せるのを知っていますか? もちろん貸しているのだから、金利を受け取ることができます。国内株は金利0.1%~と、金利も高いです。 関...
資産運用

【クレカ積立】ネット証券とクレカの組み合わせで一番お得なのは?新NISAとクレカ投資が最強

クレジットカードを使って毎月、投資信託を買付するとポイントが貯まります。証券会社とクレジットカードの組み合わせを合わせる必要がありますが、0.5%~と高還元です! 投資信託を買うだけで利回りが0.5%以上上がるので、新NISAはクレカ積立を...
資産運用

【朗報・投信】楽天プラスシリーズにナスダック100とSOX(半導体株)ファンドが入る!

楽天投信投資顧問は新たに2本のファンドを2024年1月30日に設定します。ファンドは、「楽天・NASDAQ-100インデックス・ファンド(愛称︓楽天・NASDAQ-100)」と「楽天・SOXインデックス・ファンド(愛称︓楽天・SOX)」でと...
資産運用

【楽天】先進国株・日経平均ファンドがシリーズに加わり、投信残高ポイントの対象に!

楽天投信投資顧問は、楽天・先進国株式インデックスファンドと楽天・日経225インデックスファンドを2023年12月22日に運用を開始します。 eMAXIS Slimシリーズよりコストが低く、「投信残高ポイントプログラム」の対象となるので楽天証...
資産運用

【新NISA】今の積立設定では非課税枠をすべて使い切れない?設定変更には期限がある

最大1800万円まで非課税枠が設けられる「新NISA」はいよいよ来年の1月からスタートします。現在の一般NISA・つみたてNISAをしている方は、何もしなくても新NISA口座が作られます。 しかし、一般NISAとつみたてNISAで積立設定を...
資産運用

【朗報】楽天オルカン、楽天S&P500の信託報酬が下がる!投資家にとって良い事?良くない事?

10月下旬にリリースされた楽天オルカンと楽天S&P500は業界最安値の信託報酬の低さです。加えて楽天証券では投信残高プログラムを復活させ、同2本のファンドに限定されますが毎月ポイントが付与されます。 関連記事:【投信運用】楽天証券は投信残高...
資産運用

【投信運用】楽天証券は投信残高プログラムを復活させる!限定2本のファンドでPtが貯まる

ネット上では楽天証券からSBI証券にNISA口座を変更する動きが…でもちょっと待って! 楽天証券は投信の残高に応じて楽天ポイントが貯まるプログラムを再開させます。「楽天改悪」がこれまで続いてましたが、「楽天改善」です! 関連記事:【新NIS...
資産運用

【新投信】楽天オルカン、楽天S&P500が新規設定!楽天VTとの違い?コストは?

楽天投信投資顧問は10月27日より、楽天・オールカントリ―株式インデックス・ファンド(楽天・オールカントリ―)と楽天・S&P500インデックス・ファンド(楽天・S&P500)を新規設定します。 2本のファンドはともに業界最安値の信託報酬であ...
資産運用

【新NISA投資戦略】ついに米国株の取引手数料が無料!投資家に最善の環境が整った

2024年から始まる、新NISAに向けて証券会社の熾烈な戦いが起きています。国内株の手数料無料に続き、ついに米国株・海外ETFの取引手数料が無料になります! 新NISA口座内での取引が条件となるために、1年間では240万円(成長投資枠)が上...
資産運用

【投信の取説】eMAXIS Slimが全米株式をリリース!楽天とSBI・Vとは少し違う?

三菱UFJ国際投信は「eMAXIS Slim 全米株式」を9月15日に設定します。S&P500やオルカンなどのラインナップに全米株式が加わります。投資家の選択肢が広がりました。 全米株式ファンドと言えば、楽天・全米株式やSBI・V・全米株式...